トップページ
トップページ ごあいさつ 院内のご紹介・検査器機のご案内
スポーツ医学について 関節鏡手術のご案内 整形外科のご案内
雑誌掲載情報・リンク プライバシーポリシー 所在地
 
 

 
 

スポーツ医学( sports medicine )とは、プロ・アマを問わず競技スポーツ選手の治療や故障の予防を取り扱う、総合的な専門医学分野のことです。

現代はどの年代の方でも何らかのスポーツを楽しめるようになってきました。しかしそれに伴いスポーツによるケガ、障害も増えつつあります。また整形外科的疾患ばかりでなく、中高年の内科的なスポーツ障害も増えています。

こういった「スポーツによる障害」に対して正しい知識と対処法を持ち、傷害と上手につきあっていく事が大切です。


急激な外力によって骨や軟骨、筋肉や腱や靱帯が損傷されること。
(骨折、脱臼、断裂など)


外傷と、繰り返しの動作により徐々にそれらが傷害を受けること。

スポーツ外傷の場合、外力によって損傷された部位を正確に把握し、できるだけ元の状態に近く戻す事が治療の中心になります。時にはそのために手術が必要になります。

当クリニックでは、

  • 専門医による診断・治療
  • 理学療法士によるリハビリ・運動療法
  • 関節鏡を主体とした手術(肩・肘・膝等)
あらゆる角度からの予防・診断・治療を行っております。

 
ページトップ

  関節炎、骨膜炎、腱鞘炎、筋肉損、疲労性骨折、腰痛症、野球肩、野球肘、テニス肘、水泳肩、ランナー膝、膝内障等。
 
ページトップ

 

スポーツ障害を予防するには

  1. 適切なトレーニング。
  2. ストレッチやアイシングなどを行い、疲労を蓄積させない 。
  3. (特に成長期の青少年は、)一種類に偏ったスポーツやトレーニングを避け、全身的な力の向上を図る
ことが大切です。

スポーツ医学では治療するだけでなく「いかにケガをしにくい体を作るか」にも重点を置きます。性別、年齢、その他生活環境や個人差によって適切な予防方法をアドバイスいたします。お気軽にご相談ください。

ページトップ
スポーツ医学とは
スポーツ障害の主なもの
スポーツ障害の予防